BLOG

  1. ホーム
  2. ブログ一覧
  3. グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞とは

2019.12.24

グッドデザイン賞とは

そもそもどういう経緯で受賞する賞なのか調べてみました。
モンドセレクションと同じ匂いがするような…

「グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は48,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。」

https://www.g-mark.org/

当たり障りのない文章ですが、特に問題はなさそうに感じます。
2019年の審査対象数は4,772件で受賞数は1,420件!
約三分の一は受賞するんですね…
やはりモンドセレクションの香りが…

グッドデザイン賞を受賞した製品・商品にはこのよく見かけるマークを付けることができるようです。

グッドデザイン賞とは

では、受賞するにはどうしたら良いのでしょう。

「グッドデザイン賞は第三者からの推奨ではなく当事者による出費を伴う応募製品の中から選定される賞である。」

つまり、自己推薦、且つ応募には費用が必要。

「1次審査に応募するためには1万円が必要であり、それを通過すれば5万5千円の審査料も必要となる。2次審査を通過し、晴れて受賞となれば展覧会への出展で11万5千円、年鑑への掲載料が3万円と定められている。(いずれも消費税別、2014年費用)」

全部で21万円!
個人がおいそれと出せる金額ではないんですね…

そして先に書いたように受賞率は三分の一未満です。
65,000円払っても受賞できないときはできないのです。

「特別賞や金賞が審査によって選ばれるのに対し、「大賞」は投票によって選ばれる。」
何かしらの政治を感じますが、疑っても仕方がありません。


■まとめると
・お金を払って応募
・受賞すればグッドデザイン賞のロゴマークが使用できる
・受賞すればお金を払って年鑑にも登録可能

やはりモンドセレクションの香りが…

日本人が如何に権威に弱いかが分かります。
日本人に限らないのかな…

とはいえ、受賞した製品などを見ていると「グッドデザイン」と感じるものが多く、適当に選んでいるわけではないことが容易に想像できます。

グッドデザイン賞のサイトを見ると欲しい物が増えると思いますよ!

CONTACT
お見積り・お問い合わせはこちらから

CONTACT お見積り・お問い合わせはこちらから