BLOG

  1. ホーム
  2. ブログ一覧
  3. 日本における単位の世界

日本における単位の世界

2020.01.07

日本における単位の世界

何となく気になったので日本の数の数え方を調べてみました。
聞いたことも目にしたこともないない単位だらけですが「刹那」や「弾指」は聞いたことがある方が多いと思います。
これは仏教用語として用いられていたり、極めて短い時間の慣用表現として残っているためだと思います。

「君と目が合ったその刹那」なんて表現がありますものね。

ちなみに、仏教においては刹那の長さについては諸説ありますが、指をひとはじきする(弾指)間に65刹那あると言われているほか、『大毘婆沙論』では、24時間=30牟呼栗多=900臘縛=54,000怛刹那=6,480,000刹那とし、1刹那の長さを1/75秒に比定しています。

単位としての刹那、慣用表現としての刹那は単位としての刹那と異なる、と言えると思います。
いずれにしてもとても短い時間ですが…

下の表を見ていて面白いと思ったのは「劫(こう)」がないことです。
仏教・ヒンドゥー教において「劫(こう)」は1つの宇宙(あるいは世界)が誕生し消滅するまでの期間と言われているのですが、単位としては使われていないというのが面白いですよね。

表をみていると単位が大きくなるに従って、または小さくなるに従って、段々と投げやりに名付けるようになっていくような…
「不可思議」や「無量大数」なんて小学生が考えた単位のように感じませんか…

単位(大数) 大きさ
10の1乗
10の2乗
10の3乗
10の4乗
(百万) 10の6乗
10の8乗
(十億) 10の9乗
10の12乗
(千兆) 10の15乗
京(けい) 10の16乗
(百京) 10の18乗
垓(がい) 10の20乗
(十垓) 10の21乗
秭(し)、𥝱(じょ) 10の24乗
穣(じょう) 10の28乗
溝(こう) 10の32乗
澗(かん) 10の36乗
正(せい) 10の40乗
載(さい) 10の44乗
極(ごく) 10の48乗
恒河沙(ごうがしゃ) 10の52乗
阿僧祇(あそうぎ) 10の56乗
那由他(なゆた) 10の60乗
不可思議(ふかしぎ) 10の64乗
無量大数(むりょうたいすう) 10の68乗
単位(小数) 大きさ
10の−1乗
厘(りん)、釐 10の−2乗
毛(もう)、毫(ごう) 10の−3乗
糸(し)、絲 10の−4乗
忽(こつ) 10の−5乗
微(び) 10の−6乗
繊(せん) 10の−7乗
沙(しゃ) 10の−8乗
塵(じん) 10の−9乗
埃(あい) 10の−10乗
渺(びょう) 10の−11乗
漠(ばく) 10の−12乗
模糊(もこ) 10の−13乗
逡巡(しゅんじゅん) 10の−14乗
須臾(しゅゆ) 10の−15乗
瞬息(しゅんそく) 10の−16乗
弾指(だんし) 10の−17乗
刹那(せつな) 10の−18乗
六徳(りっとく) 10の−19乗
虚空(こくう) 10の−20乗
清浄(しょうじょう) 10の−21乗

CONTACT
お見積り・お問い合わせはこちらから

CONTACT お見積り・お問い合わせはこちらから